最新記事

チラシの印刷では、好感度のあるチラシを利用するということが重要になります。
文章よりもイラスト、イラストよりも写真というように、より明確に表示出来ているものの方が信用されますし好感度も上がります。
証拠になるからです。
一枚のチラシを印刷して配布するということなので、その一枚の中に色々な表現を取り入れる必要がありますが、文章を詰め込みすぎても印象が良くなく、読もうという気持ちが薄れます。
それよりは写真のようなもので表現したほうが、文章よりもはるかにインパクトがあります。
利用して喜んでいる写真を1枚貼る方が、そのための長い文章を書くよりも効果的ということは誰でもわかります。
インパクトということでも、できればチラシに写真を1枚でも載せるということを考えてみる方が良いかもしれません。
そのほうが効果的ということで、活用できるということになります。
ただし、その写真が効果を発揮するのは、関連性がある場合だけです。
何でも良いということではありません。